【更年期サプリの効果】高麗人参サプリの効果とサポニンの自律神経への働き

高麗美人の3つのポイント
大人気の更年期サプリはこちら

 

【更年期自律神経サプリ効果】肩こりや腰痛やめまいの症状に効果あり

更年期障害のサプリメントの効果は、更年期のつらい症状の悩みを解決します。

女性は50代前後で更年期の症状がでます。

更年期の症状は主に3つに分類されます。

 ✅疲れや頭痛やめまい、便秘やどうきといった体調の変化

 ✅肩こりや関節痛などの身体の変化

 ✅うつやイライラなどの精神的な変化

とにかく、更年期の症状は大変なものです。

更年期障害の症状は大別すると自律神経失調 症状、精神的症状、その他の3 種類に分けられ る(表 1)4)

更年期障害の症状

引用:昭和学士会誌『最近の更年期の管理』より

更年期の症状はわたしだけ?」と思うかもしれませんが、ほとんどの女性がなにかしらの症状を経験します。

更年期の症状は、一生続くことはないですが、なるべくなら辛い症状を少しでも和らげたいですよね。

体も気持ちも、昔のように軽く晴れやかに毎日をすごしたいです。

更年期サプリをのめば、更年期の辛い症状の軽減に役に立ちます。

更年期障害のためのサプリの効果で、つらい更年期を乗り切りましょう。

 

【更年期自律神経サプリ効果】更年期の症状「肩こり」「腰痛」「むくみ」に効く

「家事が出来ないほど肩がこる」

「肩がこりすぎて頭痛がする」

更年期になって肩こり首のこり腰の筋肉がカチカチに固まってしまいました。

でも更年期サプリの効果は、つらい肩こりや腰痛の悩みも解決できます。

更年期になる理由は、自立神経が乱れることによっておこります。

自律神経が乱れて筋肉が固まると、関節痛にもなります。

更年期の障害で指が太くなったり指がいたくなるのも、筋肉が固まるからです。

筋肉のこわばりの症状をやわらげるには、自律神経の働きを正しくすれば良いです。

自律神経の働きが正常になると、筋肉のこりや腰痛の症状が緩和されます。

高麗人参のサプリは、自律神経の働きを正しくします。

自律神経の働きが元どおりになれば、筋肉の緊張がほぐれて肩こりや首のこり、腰痛の悩みも解消されます。

更年期障害で肩こりや腰痛で悩んでいるなら、高麗人参のサプリがおすすめです。

高麗人参の更年期障害サプリの効果は、つらい肩こりや腰痛や関節痛の症状の悩みを解決します。

 

【更年期自律神経サプリ効果】更年期の症状「頭痛」に効く

頭痛の原因は肩こりから

「毎日の頭痛がつらい」

「頭痛で笑顔をつくれない」

更年期障害のつらい症状の頭痛は、慢性的なものになると毎日おこるのでつらいです。

でも更年期障害サプリの効果は、辛い頭痛もケアすることができます。

頭痛は首や肩のこりが原因で起こります。

更年期になると肩こりや首のこりから頭痛になります。

肩凝りは頭痛と同時に訴えられることが多い. 統計によると片頭痛の患者の75%に肩凝りが存 在しており,肩凝りから始まる重度の頭痛の殆ど が片頭痛であることが報告されている.

引用:全日本病院出版会『女性の診かた-年齢・病態に応じた治療戦略「女性の頭痛」』より

頭痛をケアするにはまずは肩こりや首のこりを治しましょう。

更年期のサプリなら肩こりや首のコリをケアしてくれます。

肩や首がガチガチに凝っている方は、更年期サプリでケアしましょう!

 

【更年期自律神経サプリ効果】更年期の症状「めまい」「ふらつき」「吐き気」に効く

「つわりよりも吐き気がひどい」

「目が回ってふらつくことがある」

更年期の障害では、めまいふらつき吐き気が起こります。

でも更年期サプリの効果は、頭痛やめまいの症状をケアすることができます。

自律神経のオンとオフのスイッチが乱れることによって、更年期のめまいやふらつきの症状は起こります。

私たちの神経は、オンの神経(交感神経)オフの神経(副交感神経)を自律神経で切り替えています。

働くための神経(交感神経)の働きが優位になると、人はオンの状態になります。

オンの状態はすぐに動けるように緊張しています。

体が緊張した状態だと筋肉も緊張して、血流もわるくなります。

脳への血流が悪くなると、平衡感覚をたもつ三半規管の機能がわるくなります。

平衡感覚を失うとめまいやふらつきが起こり、吐き気もします。

めまいやふらつき、吐き気は自律神経のはたらきを元に戻すことで改善できます。

更年期障害サプリの効果は、自律神経のはたらきを整えます。

自律神経のはたらきが整えば、めまいやふらつきや吐き気の症状は改善します。

めまいやふらつきで困っている方は、更年期サプリの効果でめまいのケアをしましょう。

 

【更年期自律神経サプリ効果】更年期の症状「疲れ」「だるさ」「なにもしたくない」に効く

「疲れてふとんから出られない」

「ねてもだるさが取れない」

更年期障害の症状には、疲れやだるさがいつまでも残ります。

でも高麗人参のサプリをのめば、つかれやだるさも吹き飛びますよ。

更年期になると、オンとオフのスイッチの自律神経のはたらきが悪くなります。

自律神経のはたらきが悪くなると、休みたい時にオンのスイッチが入ります。

寝る時にオンのスイッチがはいると、当然ですが寝られませんよね。

さらにスイッチの故障自体も、体に疲労として溜まっていきます。

体がスイッチの乱れに適用しようとし続ける結果、スイッチにも疲労がたまります。

このスイッチとは自律神経のことで、自律神経の疲労は疲れとして出ます

疲れたと感じた時の脳内の変化を見ると、運 動でもデスクワークでも、脳の自律神経の中枢とされ ている、視床下部や前帯状回と言われている領域が強 く疲労していることがわかりました。

引用:大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座特任教授インタビュー

更年期の疲れやだるさをとるためには、まずはスイッチの乱れを正します。

スイッチが正しく動けば、オンとオフの切り替えがうまくいきます。

夜寝る時にしっかりと休むことができれば、疲れやだるさは改善しますよ。

更年期障害のサプリは、スイッチを直す成分が入っています。

更年期障害のサプリでスイッチが正しく作動すれば、休みたい時にしっかりと休むことができます。

更年期障害のサプリなら、疲れやだるさをケアできます。

 

【更年期自律神経サプリ効果】更年期の症状「ほてり」「ホットフラッシュ」「のぼせ」に効く

「寝れたとおもったらホットフラッシュで起きる」

「一人だけのぼせていて恥ずかしい」

更年期障害の症状には、ホットフラッシュという「ほてり」の、のぼせたようになるの症状があります。

しかし更年期サプリなら、ほてりの症状をケアできますよ。

ホットフラッシュは、「オンとオフの切り替えのスイッチ」の自律神経のはたらきが乱れて起こります。

自律神経のはたらきが乱れると、体温を調整する「体温中枢」のはたらきが乱れます。

体温中枢のはたらきが乱れると、体温の調整がうまくいかなくなります。

体温の調整がうまくいかなくなると、ほてりの症状として現れます。

カテコールアミンの合成が亢進し,受 容体レベルでカテコールアミン優位となる.このため,LH-RH と LH の拍動性分泌が促 進し,体温中枢も刺激されるため,のぼせ,ほてりなどの血管運動神経症状が出現すると 考えられている.

引用:日産婦誌

高麗人参の更年期障害のサプリは、自律神経と体温中枢のはたらきを整えます。

高麗人参の更年期障害のサプリで自律神経と体温中枢のはたらきが整えば、ほてりの症状もケアできますよ。

更年期サプリでほてりの症状が治れば、夜ほてりでおこされることもありませんよ。

また、一人だけ汗を書いて恥ずかしい思いをしなくても済みますよ。

更年期サプリで、ほてりのケアをしましょう。

 

【更年期自律神経サプリ効果】更年期の症状の便秘や下痢に効く

「うんちがころころしている」

「全然でない」

更年期障害の症状は、便秘になったり下痢になったりします。

でも高麗人参の更年期サプリをのめば、便がスムーズにでるようになりますよ。

更年期障害の症状は、大腸のはたらきが乱れます。

更年期障害になると、大腸を働かせる自律神経のはたらきが乱れます。

自律神経のはたらきが乱れると、排便がうまく行われないため、便秘になったり下痢になったりします。

またまるいころころした便がでることもあります。

更年期の便秘や下痢を治すには、自律神経のはたらきを整える必要があります。

高麗人参の更年期サプリは、自律神経のはたらきを整えます。

更年期サプリが自律神経のはたらきを整えれば、大腸のはたらきもよくなります。

更年期サプリで大腸のはたらきがととのえば、毎日スッキリする生活に戻りますよ。

 

【更年期自律神経サプリ効果】性機能の衰えに効く

「性交渉中に濡れない」

「性交渉は痛いのでいやだ」

更年期になると、性機能まで衰えてしまいます。

でも高麗人参の更年期サプリをのめば、夜の元気も回復しますよ。

更年期障害は女性ホルモンが分泌されにくくなることで起こります。

女性ホルモンが分泌されないと、性機能も衰えます。

高麗人参は女性ホルモンのようなはたらきをします。

高麗人参が女性ホルモンのエストロゲンのはたらきをすることで、性機能も上向きます。

高麗人参の更年期障害サプリをのめば、夜もいやな思いをすることがなくなりますよ。

 

【更年期自律神経サプリ効果】うつやイライラや焦りの心の症状にも有効

高麗人参の更年期障害サプリの効果には、更年期の精神的な症状(ゆらぎ)にも有効です。

更年期はメンタル面の異変も起こります。

何もないのに急にイライラしたり、旦那の些細な行動が非常に腹が立ったり

四六時中なんだか落ち着かなくてソワソワしたり、予定がないのに焦ったり。

さらに更年期になるとうつの症状もでます。

何もやる気がなくなってふさぎこんだり、なんだか絶望的な気分に陥ることがあります。

イライラしたりソワソワしたり、うつになってふさぎこむのは更年期障害の症状です。

もし50歳がちかくなって気分が晴れずに暗くなっているのなら、更年期の症状を疑いましょう。

更年期のメンタルの症状は、更年期のサプリメントの効果でケアできますよ。

 

【更年期障害サプリ効果】更年期の症状の不眠や睡眠障害に効く

「23時にベットにはいるのに、寝られるのは朝」

「昼間の眠気がすごくてつらい」

更年期の症状には睡眠が上手く取れなくなり、昼間に眠く逆に夜に目がさえる、不眠の症状が悩ましくなりました。

でも高麗人参の更年期サプリの効果は、更年期による睡眠障害の症状をケアできます。

睡眠障害は自律神経の乱れで起こります。

✅更年期の睡眠障害=自律神経の乱れが原因

自律神経は興奮状態と休憩状態のスイッチです。

自律神経は昼は働くために興奮状態のスイッチをいれ、夜は寝るために休憩モードのスイッチを入れます。

更年期になると自律神経が乱れてスイッチの切り替えがうまくいかなくなります。

更年期の睡眠障害には、

  • 早期覚醒=ベットに入っても寝られない
  • 中途覚醒=睡眠の途中で目が覚めて、目が冴えてしまう

の症状が現れます。

スイッチの切り替えが上手くいかなくなると、夜や寝ている時に興奮状態のスイッチが入ります。

寝ている時に興奮状態のスイッチが入ると、夜ねれなくなります。

ベットにはいっても全然寝られずに、朝をむかえてしまう「早期覚醒」なんてこともあります。

また、やっと眠れたと思っても、起きるスイッチが入ると眠りの途中で起きる「中途覚醒」します。

さらに昼間に休憩モードのスイッチがはいると、昼間に猛烈に眠くなります。

また睡眠中に自律神経がみだれると、寝ているときにホットフラッシュが起こります。

寝ている最中に体がほてると、夜中に目がさえてしまう中途覚醒の状態になります。

ホットフラッシュがおこると、着ているものが寝汗でびっしょりになることもあります。

昼間活動して夜寝るためには、自律神経のスイッチのはたらきを整えれば良いです。

高麗人参の更年期サプリは、自律神経のスイッチのはたらきを正すはたらきがあります。

自律神経のスイッチがしっかりと作動すれば、昼間しっかりと働き、夜にぐっすり眠ることができます。

高麗人参の更年期サプリの効果で、睡眠の悩みを解決できますよ。

大人気の更年期サプリはこちら

 

【更年期障害サプリ効果】更年期の症状のゆらぎ(不安やいらいらやうつ、絶望感や寂しさやあせり)に効く

「旦那の言動にイライラする」

「人生楽しみがない気がして寂しい」

更年期障害の症状にはうつや不安や絶望感、わけもなくムカムカする精神的な症状がでます。

でも高麗人参の更年期サプリの効果は、イライラやむかむか不安絶望感といった精神的な症状もケアできます。

更年期のうつやイライラの原因は、自律神経という神経が原因です。

自律神経のはたらきが乱れると、自律神経自体が疲れます。

自律神経のつかれが、更年期のうつや不安やイライラをもたらすと考えられています。

うつ病になる人は、自律神経が乱れて交感神経が高まっている人が多いと考えられています。

脳脊髄液とは、脳から骨盤の骨である仙骨までを循環する体液で、脊髄の中にある神経の新陳代謝を促す役割がある。脳脊髄液の流れが悪くなると、自律神経が栄養不足になり、老廃物がたまって内臓の機能などが低下する。頭痛やめまいの原因にもなる。

引用:朝日新聞Reライフ

更年期のうつや不安やイライラを解消するには、自律神経のはたらきを正す必要があります。

高麗人参の更年期サプリは、自律神経のはたらきを正します。

高麗人参の更年期サプリで自律神経のはたらきが整えば、不安やうつやイライラの症状をケアできますよ。

 

【更年期自律神経サプリ 効果】高麗人参はオールインワン成分で一つで更年期対策とめぐりの改善

高麗人参の更年期障害サプリは、これひとつで更年期の症状とめぐりをケアしてくれるオールインワンのサプリです。

高麗人参の更年期サプリは、身体の代謝(めぐり)をよくして肩こりや首のつっぱりや腰痛などの筋肉のこりをケアします。

そして頭痛や腹痛、便秘やほてりやめまいといった症状をケアします。

また不眠の悩みやだるさや疲れの悩みをケアする成分が含まれています。

さらに、精神的な症状(うつや不安感や焦燥感、そしてイライラ)もケアする成分も含まれています。

それから閉経前の女性のための、嬉しい成分も含まれています。

高麗人参の更年期サプリの効果はひとつで更年期の悩みを解決するのはもちろん、美容や健康にも効果があります。

高麗人参のサプリは代謝をあげて、体の「めぐり」の改善のためのサプリです。

 

更年期障害に高麗人参の成分「サポニン」が効く!

高麗人参の更年期サプリが更年期の症状をケアするのは、高麗人参に含まれるサポニンの働きです。

サポニンは何種類も存在していて、朝鮮人参には朝鮮人参だけのジンセノサイドというサポニンが含まれています。

高麗人参に含まれるサポニンの働きは、自律神経の働きを整えます。

自律神経とは、興奮状態の神経と休息モードの神経のスイッチを入れ替える役割をします。

人は交感神経という神経が優位の時は、興奮状態になります。

交感神経は人が活動するための神経で、昼間の働くための神経です。

休息モードの神経は副交感神経といい、夜寝る前のリラックスするときの神経です。

自律神経はこの興奮の神経の交感神経と、リラックスの神経の副交感神経のスイッチを切り替える働きがあります。

更年期になりこのスイッチが乱れると、様々な症状が出ます。

その症状とはめまいや肩こり、頭痛やのぼせや不安やイライラと行った症状となって出ます。

自律神経の乱れや自律神経自体の疲れが原因で、更年期の症状は起こります。

高麗人参のサポニンには、自律神経の働きを整える働きがあります。

高麗人参のサポニンによって自律神経の働きが整い、更年期の症状を緩和するのです。

 

更年期の症状に高麗人参特有のサポニン「ジンセノサイド」が効く!

高麗人参の更年期サプリに含まれて居るサポニンは、ジンセノサイドと呼ばれており、更年期の症状に効果を発揮します。

ジンセノサイドは働き別にさらに細かく種類を分けることができます。

ジンセノサイドは、自律神経の働きを活発にする種類と、自律神経の働きを抑える種類に分けることができます。

自律神経の動きを活発にするジンセノサイドの種類は、ジオール系と呼ばれる種類のジンセノサイドです。

自律神経の働きを抑制するジンセノサイドの種類は、トリオール系と呼ばれるジンセノサイドの種類です。

ジオール系は主に中枢神経抑制作用があり、一方、トリオール系には中枢神経興奮作用があります。この相反する性質を持つ両ジンセノサイド系のバランスが大変重要となります。

引用:http://www.kouraininjin.net/materials/

ジンセノサイドの自律神経を抑制する種類と興奮させる種類が、自律神経のスイッチにとって大変重要な意味を持ちます。

なぜならジンセノサイドは、働くための交感神経と副交感神経の休止のバランスを正常にするからです。

自律神経は交感神経と副交感神経のどちらかが優位に働いているときは、どちらかん働きが抑えられています。

ジンセノサイドは、働く時にしっかりと働くための神経の交感神経を刺激し、休むべきときに休むための副交感神経の働きを刺激して優位にします。

このことによって、交感神経と副交感神経の活動のバランスがとれ、自律神経の働きが整います。

これが高麗人参の更年期障害サプリに含まれているジンセノサイドが、自律神経の働きを整えるメカニズムです。

ジオール系は主に中枢神経抑制作用があり、一方、トリオール系には中枢神経興奮作用があります。この相反する性質を持つ両ジンセノサイド系のバランスが大変重要となります。

 

高麗人参は代謝を上げるビタミンB群

高麗人参の更年期サプリは、更年期の症状の肌荒れや疲れやだるさの症状を和らげる、ビタミンB群が含まれています。

高麗人参に含まれているビタミンB群の効果は、更年期の症状のケアだけでなく更年期の美容や元気をサポートします。

ビタミンB群は代謝を上げる効能があります。

ビタミンB群は「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンB12」「葉酸」「ナイアシン」「パントテン酸」「ビオチン」の8種類があります。

ビタミンB1は糖質を分解するはたらきがあり、ビタミンB2は脂質を分解する働きがあります。

ビタミンB1とB2は脂質と糖質を分解してエネルギーに変えるので、ビタミンB1とB2をとると代謝が良くなります。

ビタミンB1やB2を摂ると代謝がよくなり、疲労が溜まりにくい体になります。

ビタミンB1やB2は、更年期の疲労感の軽減をサポートする、力強い成分です。

またビタミンB6は、粘膜を増やして皮膚や粘膜の保護をサポートします。

粘膜が保護されて肌の美容が保たれます。

さらにビタミンB6は脳内の幸せホルモンが生成されるのを助けます。

脳内に幸せホルモンが増えれば、更年期のうつや不安や焦りやイライラの症状が緩和されます。

さらにビタミンB群の葉酸は、「造血のビタミン」と言われるように血を作り出します。

葉酸は血液中の赤血球ヘモグロビンをつくるので、血流量が増します。

血流量を増やすことは閉経前の女性にとって重要です。

閉経前の女性は生理で血を多く流すため、血流量が不足しがちになります。

血流量が不足すると、貧血からめまいやふらつきの症状につながります。

貧血の症状と更年期の症状が一緒に出ると、よりつらい症状として現れます。

葉酸を摂取すれば、血流量が増えて閉経前の女性の貧血からくる、めまいやふらつきの症状を緩和します。

高麗人参の更年期障害のサプリメントだけで、美容や貧血や心の健康を保つ効果があります。

 

【更年期障害サプリのカルシウム】高麗人参はカルシウムも豊富

高麗人参の更年期障害サプリにはカルシウムも豊富に含まれています。

閉経後の女性は、女性ホルモンが分泌されなくなります。

女性ホルモンは骨を健康に保つ役割がありますので、閉経後の女性は骨がもろくなります。

女性は閉経を経ると一気に骨が弱くなるので、骨粗鬆症になりやすいです。

高麗人参の更年期サプリを摂取すれば、更年期障害の症状の対策と一緒に、骨粗鬆症の対策もできます。

高麗人参にはカルシウムが豊富に含まれているので、高麗人参サプリをのむと骨の健康をサポートします。

閉経を経た女性は、高麗人参のサプリで骨粗鬆症のリスクを軽減できます。

高麗人参の更年期障害サプリは、閉経後の骨の健康もサポートするオールインワンサプリです。

大人気の更年期サプリはこちら

 

若年者性・早期更年期障害(プレ更年期) の症状と対策

更年期障害は、50歳が平均の年齢ですが、まれに20代〜30代の女性も更年期障害のような症状が現れます。

ここでは更年期の症状が30代後半くらいの早くからはじまることを早期更年期障害(プレ更年期障害)と呼び、20代におこることを若年性更年期障害と呼びます。

早期更年期障害も若年性更年期障害も、原因は女性ホルモンのバランスです。

早期更年期障害と若年性更年期障害(プレ更年期障害)の、原因と症状と対策を紹介します。

 

早期更年期障害の原因と症状

早期更年期障害の症状は、比較的早い年齢から更年期障害の症状がで始めることでプレ更年期とも呼ばれます。

女性は35歳前後から卵巣機能が低下して、閉経に向かって徐々に排卵機能が衰えます。

女性ホルモンは卵巣から分泌されるので、卵巣機能が低下すると女性ホルモンの血中量も低下します。

女性ホルモンの量が低下すると、体に異変が起こります。

女性ホルモンは美容と健康を維持し心の健康も保つ働きがあります。

女性ホルモンの血中量が低下すると、女性ホルモンが維持していた心と体の健康が崩れます。

女性ホルモンが維持していた健康が崩れ始め、体に異変が35歳前後に現れるのが、早期更年期障害(プレ更年期)です。

プレ更年期の症状は更年期と同じように、ほてりやめまいやうつやイライラ、肩こりや頭痛などです。

 

若年性更年期障害の症状

若年性更年期症は、20代や30代の女性に起こる更年期のような症状です。

若年性更年期障害は、女性ホルモンの乱れによっておこる症状です。

若年性更年期障害の症状には、生理がこなくなったり不眠や頭痛やいらいらやうつや肩こりが起こります。

女性ホルモンは脳から子宮に向かって命令されることで分泌されます。

しかし脳からの命令が弱くなったり、子宮の機能が低下しているために女性ホルモンの分泌量がすくなくなります。

女性ホルモンの分泌量がすくなくなる原因に、過度なストレスで脳の命令する部分の働きが弱くなることがあります。

また過度なダイエットなどで食事を制限すると、血液量がすくなくなり貧血になります。

血液量がすくなくなると、脳の女性ホルモンを分泌する部位の血行がよわくなります。

脳の女性ホルモンを分泌する命令を出す部位の血行がよわくなって、子宮から女性ホルモンの分泌がされにくくなります。

また子宮自体も血行が悪いと機能がよわくなります。

若年性更年期障害の症状は、ストレスや貧血が原因で脳の司令部の働きと子宮の働きが弱まることで起こります。

若年性更年期障害の症状を緩和するには、ストレスを軽減して十分な栄養をとり、脳と子宮の健康を維持する必要が有ります。

 

プレ更年期障害の症状と更年期サプリの効果

高麗人参の更年期サプリは、プレ更年期(早期更年期障害、若年性更年期障害)の症状に効果的です。

高麗人参は鉄分や亜鉛やマグネシウム、そして葉酸などの女性に嬉しい豊富な栄養素を含んでいます。

高麗人参のサプリの効果は、血液をつくって貧血を予防する効果があります。

貧血を予防できれば、若年性の更年期障害の症状は軽減されます。

また高麗人参は女性ホルモンのような働きをするので、減少した女性ホルモンの働きを補います。

女性ホルモンは心と体の健康をサポートする成分で、高麗人参の効果は女性ホルモンのような働きをします。

高麗人参のサプリの効果で、プレ更年期の症状の対策ができます。

 

男性の更年期障害にもおすすめな高麗人参サプリの効果

男性も更年期の症状が現れることがあります。

男性も50代になると、男性機能が衰え始めます。

男性機能が衰えると、男性ホルモンの分泌が少なくなります。

男性ホルモンはテストステロンといい、テストステロンは男性の睾丸(精巣)で作られます。

テストステロンは男性が男性らしくあるための役割をサポートするホルモンです。

男性ホルモンのテストステロンは、性欲を増したり冒険心をくすぐったり活力の源になります。

また男性ホルモンのテストステロンは、筋肉を大きくしたり精子を増加したり骨をふとくしたりと、健康のサポートをします。

しかし男性は20歳をピークに、年齢とともにテストステロンの分泌が減少していきます。

テストステロン

画像引用:http://diamond.jp/articles/-/157031?page=4

40歳をすぎるとテストステロンの分泌量が減少して、ピーク時に比べて少なくなります。

さらにテストステロンは自律神経の働きに関わります。

自律神経が働くために緊張する神経の交感神経と、リラックスして休息するための副交感神経のスイッチを入れています。

テストステロンが分泌されるのは、リラックスして休息するための神経である、副交感神経が働いている時です。

でも人はストレスを感じると、緊張するための神経の交感神経が働き続けます。

ストレスを感じ続けて交感神経が働き続けると、テストステロンの分泌量が非常に少なくなります。

年齢とストレスでテストステロンの分泌量が減少すると、男性の健康が損なわれます。

そしてテストステロンが低下してやる気がなくなり、うつになったりイライラしたり、性欲が減退します。

これが男性の更年期の症状です。

 

男性の更年期の精神的な症状も高麗人参のサポニンがサポート

高麗人参の更年期サプリのサポニンは、男性の更年期の健康をサポートする効果があります。

高麗人参のサポニンは、自律神経の活動するための神経(交感神経)と休息のための神経(副交感神経)のスイッチの働きを整えます。

人はストレスを感じ続けると、活動するための神経が働き続けます。

活動の神経の交感神経が働き続けると、自律神経のスイッチが正常に作動しなくなります。

自律神経のスイッチの働きが乱れると、休息のための神経の副交感神経が働かなくなります。

テストステロンは副交感神経が働いている時につくられるので、副交感神経の働きを正常化することがテストステロンを分泌する第一歩になります。

テストステロンは男性の更年期の症状を抑える効果があります。

高麗人参のサポニンには、自律神経の働きを整える効果があります。

サポニンが自律神経の働きを整えれば、うまく休息するための神経の副交感神経が働きます。

副交感神経の働きがうまくいけば、テストステロンが分泌されて、男性の更年期障害の症状を改善できます。

男性の更年期障害の症状を緩和すれば、うつや無気力や不眠などの症状を改善できます。

高麗人参の更年期障害サプリで、男性も更年期障害の症状を乗りきれますよ。

 

閉経前後の更年期の自律神経障害と女性ホルモン

閉経前と閉経後の更年期障害のどちらの症状にも、更年期障害サプリが有効です。

更年期障害の症状には、女性ホルモンが大きく関係しています。

女性は閉経後に生理がなくなるので女性ホルモンの分泌がなくなります。

閉経後では女性ホルモンが分泌されなくなるので、更年期への注意点など対策が変わります。

更年期の女性ホルモンの働きは、体と心の健康維持の働きをします。

女性ホルモン自体を増やすことは更年期障害の症状の緩和に有効的です。

更年期障害は女性ホルモンが子宮から分泌されないことで起こります。

閉経前は女性ホルモンの分泌があるので、女性ホルモンの分泌を促す成分を摂ります。

閉経後は女性ホルモンの分泌がないので、女性ホルモンのような働きをする成分を取り入れます。

閉経前と閉経後の女性の体の変化を紹介しながら、更年期障害が起こる理由や対策を紹介します。

 

更年期の女性ホルモンの動き(更年期障害が起こる原因とメカニズム)

更年期障害がおこるしくみ

画像引用:持田製薬株式会社:ワタシのカラダ相談室より

更年期になると、女性ホルモンの分泌が少なくなり、更年期障害になります。

女性ホルモンは卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。

女性ホルモンの種類;

✅卵胞ホルモン(エストロゲン)

✅黄体ホルモン(プロゲステロン)

卵胞ホルモンは子宮内膜を厚くする働きがあり、受精卵の着床の「床」をつくります。

黄体ホルモンも子宮の壁を厚くして、受精に備えます。

黄体ホルモンは基礎体温基礎代謝をあげ、体内の水分を保持したり食欲を増進させるホルモンです。

卵胞ホルモンは卵胞という卵子をつくる元から分泌されます。

黄体ホルモンは卵胞から卵子が排出されたあと、卵胞からでるホルモンです。

女性ホルモンは卵胞から分泌されます。

卵胞は一生のうちで数が決まっており、50歳前後で卵胞を使い切ります。

卵胞を使い切ると、女性ホルモンの分泌がなされなくなります。

脳が女性ホルモンを分泌する指令(卵巣刺激ホルモン)を送っているにもかかわらず、女性ホルモンが分泌されません。

女性ホルモンを分泌する指令を送っているのに子宮から女性ホルモンが分泌されないと、脳の司令部(下垂体の視床下部)が混乱します。

脳の司令部(下垂体の視床下部)は自律神経と同じ場所にあるため、自律神経も同様に混乱します。

これが更年期の症状が起こる原因です。

閉経前には卵胞も残っているために女性ホルモンの分泌があります。

閉経すると、卵胞を使い切るために女性ホルモンの分泌がなくなります。

更年期障害の症状をおさえるには、自律神経の働きを正すか、女性ホルモンを増やすことが有効です。

女性ホルモンは女性ホルモンのような働きをする成分をとりいれることで、代用できます。

 

閉経前の更年期障害

閉経前の更年期障害の症状には、女性ホルモンの分泌を促すサプリが有効です。

高麗人参には女性ホルモンの分泌を促す成分のビタミンB6が豊富に含まれています。

ビタミンB6は女性ホルモンの代謝を促す効果があります。

またビタミンB6は、ビタミンB2によって働きが活発になります。

ビタミンBは他の種類おんビタミンB(B1やB2や葉酸)と一緒に摂ることで効果があがります。

高麗人参にはビタミンB群が豊富に含まれているため、ビタミンB6の効果が増します。

高麗人参のサプリには、女性ホルモンの代謝を促す成分のビタミンB6とビタミンB群が豊富なので、閉経前の女性に有効です。

 

閉経後の更年期障害

閉経を迎えると女性は、骨が弱くなります。

エストロゲンは骨を丈夫にする働きがありますが、閉経を迎えると女性ホルモン量が減るので骨がもろくなります。

高麗人参には豊富なカルシウムを含んでいるので、閉経後の女性の骨の健康をサポートします。

高麗人参の更年期障害サプリは、更年期障害に効果があるだけでなく、閉経後の女性の骨もサポートする効果があります。

 

ホルモン補充治療(HRT)は更年期障害に有効か

ホルモン補充療法は更年期障害に有効な場合があります。

ホルモン補充療法は女性ホルモンを注射して補う療法で、ホルモン治療とも言われます。

ホルモン注射は女性ホルモンを体内にいれるので、閉経前でも閉経後でも有効です。

ただホルモン補充療法は吐き気や胃のムカムカ、お腹の張りなどの副作用が強く出ることがあります。

また女性ホルモンは子宮ガンや乳がんを発生させる可能性があります。

ホルモン補充療法を受けるときは、医師に相談しながら受ける必要があります。

 

更年期障害にホルモンサプリ

更年期障害にはホルモンサプリがよいです。

高麗人参の更年期障害サプリメントなら、女性ホルモンの役割をしながら自律神経の働きをととのえます。

更年期障害の症状を抑えるには自律神経を直接整えるか、女性ホルモンを分泌させて脳の指令部の混乱を抑えます。

脳の指令部の混乱を抑えるには、女性ホルモンのような働きをする成分を摂取すればよいです。

また自律神経の働きを整えることによっても症状が緩和します。

高麗人参には女性ホルモンのような働きをしながら自律神経の働きを整えるので、ダブルで更年期障害に有効です。

大人気の更年期サプリはこちら