あなたのシェアが私をかえる↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コスパ最強のスマホと言われているZenfone5を買いました

コスパ最強のスマホと言われているZenfone5を買いました

Androidが大好きな敷島久之(@Hisayuki__S)です。

前回の記事で書いた通り、今まで愛用していた私の相棒ギャラクシーちゃんが、ついに逝ってしまったので、急きょ新しいスマホを購入することになりました。

Nexus6買いたい⇒在庫ない⇒スマホこわれた⇒もう無理だ

本来ならNexus6が欲しいところでしたが、メインスマホのギャラクシーが壊れてしまった今、いつ在庫が復活するか分からないNexus6を待っているわけにはいかなくなりました。

そこで、私が購入したのが「コスパ最強のスマホ!」と言われている「Zenfone5」です。

はっきり言って、次の端末はNexus6と決めていたので、Zenfone5は完全にノーマークでした。

「コスパ スマホ」などで検索するとZenfone5が出てきますので、なぜコスパがいいのか詳しく知りたい方は検索してみてください。

購入したスペック

ZenFone5はカラーが4色で、16GBと32GBで値段が違います。

現時点での価格は次の通りです。

  • 16GBで2万8,789円
  • 32GBで3万2,184円

※価格はH27.1.13現在のAmazonのものです

その差は約3,400円です。

迷わずROMが大きい32GBにしました。

ROMが大きいほど、写真や動画、アプリや音楽などがたくさんスマホに入るので便利です。

私が買ったZenfone5↓(色は黒を買いました。)

Zenfone5の外観はこんな感じ

Zenfone5の外観や付属品などを写真撮影しました。

撮影が下手くそなので良さが伝わるかわかりませんが、こんな感じです。

箱も洒落てます。ドキドキしながら開封。

zenfone5の箱

箱の中からZenfone5の姿が!

zenfone5の中身

しっかりと専用の充電器にイヤホンもついています。

zenfone5の付属品

いよいよハンズオン!少し大きめの5インチって感じです。

これなら片手で操作できそうです。

zenfone5をハンズオン

背面はサラサラした樹脂製ですが、光があたると鉄のように輝いて見えます。

とても3万2,184円には見えんですw

zenfone5の背面

ホーム画面はこんな感じです。

とりあえず使う頻度の高いアプリは入れておきました。

zenfone5のホーム画面

Zenfone5の使い心地は?

まだ自宅に届いて1日触っただけなので詳しいことは何とも言えませんが、第一印象は「コスパ最強のスマホ」と言われているだけあって、不満点はまったくありません。

メモリも2GBあるのでアプリをたくさん起動しても強制終了なんてことはありませんし、アプリの動作が重いなんてことも今のところありません。

YouTubeなどの動画もストレスなく閲覧できています。

何だか値段の割に満足感が半端ないですw

ただ、ネット上では「写真の性能がいまいち!」なんて声が上がっています。

スマホに高い写真性能を求めている人には向かない端末かもしれませんね。

個人的には、全然期待していなかった分、喜びも大きかったです。

しばらく大切な相棒として禅電ちゃんを使っていきたいと思います。

スポンサードリンク

あなたのシェアが私をかえる↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新情報を受けとれます↓

スポンサードリンク

コメント

  1. Bow(ぼー) より:

    人生、必ずしも理想の相手と一緒になれるとは限らないですよね・・・。

    俺の隣に居るのも、リブタイラーではないので(笑)

    ・・・と、重い話はここまでにして。

    新しいスマートフォン手に入ってよかったですね(^^)b

    まぁ、高い写真性能を求めるなら・・・

    一眼レフカメラを買うしか無いですよね(笑)

    • 敷島久之 敷島久之 より:

      いつもRockなBowさん!ありがとうございます(・ω<) 伝説のボーカリストのスティーヴン・タイラーの娘を出してくるとは流石ですw 確かに理想の相手じゃなかったけど、新しい相棒の禅電5ちゃんには、結構満足しています。 私の場合はカメラに、そこまでこだわりがないので十分です ☆・:゚*オォヾ(o´∀`o)ノォオ*゚:・☆ 今は禅電ちゃんとChromeキャストを連動させて、毎晩テレビの前でROCKしてます! いいストレス発散になりますよ(・∀・)

コメントをどうぞ