あなたのシェアが私をかえる↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterのエゴサーチ結果をIFTTTとPushbulletを連携させて自動通知させるレシピを作ってみた!

Twitterのエゴサーチ結果をIFTTTとPushbulletを連携させて自動通知させるレシピを作ってみた!

今回は久しぶりにIFTTT記事を書きたいと思います。

前回はTwitterでのエゴサーチについて書きました。

エゴサーチしたら自分あてのTwitterでの「つぶやき」を無視していたことが判明!エゴサーチの方法とは?

エゴサーチ自体はとっても簡単ですが、いちいちTwitterの画面を開いて、自分のURLやアカウント名入れて検索するのって、とっても面倒くさいですし、Twitterを開かなければ分かりません。

何とかTwitter上で自分のブログ(サイト)のURLやアカウント名が誰かにツイートされたら、通知してくれないものか考えていました。

そんな中、Nobuoさんから、こんなツイートをいただきました。

つまり、@メンションとやらをWordPressで設定すれば、楽勝で通知くるということが分かりました。

でも、私は「@メンションって何?」って感じでした。

そして、Nobuoさんに恥ずかしさのあまり、バカ丸出しの返信ツイートしちゃいましたw

で、結果Google先生に聞いても解決できず・・・orz

そして、かれこれ2時間ほど悩んだ結果!

「IFTTTとPushbullet使えば通知してくれるんじゃなかろうか?」とひらめいたわけです。

そしてバッチリ成功しましたので、私のように、@メンション分からない方は、ぜひ試してみてください。

前置きが長くなりましたが、そんなわけで、今回はTwitterでのエゴサーチを自動で通知してくれるIFTTTレシピを作成しましたので紹介します。

「IFTTTって何?使い方とかわかんね~よ」って方は、過去記事にアカウント作成から使い方まで、分かりやすく書いてあるので参考にしてください。

IFTTTを徹底解説!IFTTTなら「神アプリ」や「人気webサービス」を自動化できるぜ!!

本レシピで必要なもの

1.IFTTTアカウントの作成

2.IFTTTアプリのダウンロード

Androidアプリ

iPhoneアプリ

3.Pushbulletのダウンロード

Androidアプリ

iPhoneアプリ

–ここからはあればより便利-

4.Pushbulletブラウザアドオン

Chrome拡張

Firefox拡張

Twitterエゴサーチ結果を自動通知してくれるレシピ

下の2つのレシピを使えば、Twitter上で「自分のブログについて」誰かがツイートすれば、Pushbulletに通知が届きますし、「自分のアカウント名について」誰かがツイートすれば、同じくPushbulletに通知が届きます。

★自分のブログについてのエゴサーチ結果の通知★

自分のブログについてのエゴサーチ結果の通知

★自分のアカウント名についてのエゴサーチ結果の通知★

自分のアカウント名についてのエゴサーチ結果の通知

レシピの使い方

レシピをクリックするとIFTTTのサイトが開きます。

★自分のブログについてのエゴサーチ結果の通知★レシピを使いたい場合は、下の画像のように「Search for」「自分のブログURL」「-from:@アカウント名」を入れてください。

「-from:@アカウント名」を入れることで、自分のツイートは除外してくれます。

例)wepli.net -from:@Hisayuki__S

「Search for」に「自分のブログURL」と「-from:@アカウント名」を入れてください

★自分のアカウント名についてのエゴサーチ結果の通知★レシピを使いたい場合は、下の画像のように「Search for」「自分のアカウント名」「-from:@アカウント名」を入れてください。

例)@Hisayuki__S -from:@Hisayuki__S

「Search for」に「自分のアカウント名」と「-from:@アカウント名」を入れてください

スマホでもPCでも通知させたい

これで、Twitterエゴサーチの結果をPushbulletが通知してくれるようになりました。

でも、どうせ通知してくれるならPCでも通知して欲しいですよね?

Pushbulletには「スマホからPCへの通知」っていう機能があります。

これには上の「本レシピで必要なもの」で触れた「Pushbulletブラウザアドオン」が必要です。

まずは上の拡張機能をダウンロードしてください。

ダウンロードが済んだら、スマホでPushbulletを開いてください。

今回はAndroidアプリで説明しますが、iPhoneアプリでも、この機能は使えるはずです。

「AndroidからPCへの通知」を有効にします。

そして設定をタップしてください。

AndroidからPCへの通知

「お使いのPCに通知を表示」を有効にします。

「Wi-Fi接続中のみ」はお好みですが、外にいるのにPCに通知送ってもしょうがないので、私は有効にして、スマホもWi-Fiにつながっている時にのみ、PCに通知する設定にしました。

続いて「有効にするアプリを選択」をタップ。

 お使いのPCに通知を表示

右上のメニューから、ひとまず「すべて無効」にしてましょう。

通知するアプリが多いと、うざい感じになってしまうので、最低限のアプリのみ通知設定しましょう。

今回はGmailやDropboxなんかを有効にしてもいいかもしれません。

今回のレシピを使うにはIFTTTを有効にする必要がありますので、タップして有効にしてください。

以上で、スマホでもPCでもTwitterエゴサーチの結果を通知してくれるようになりました。 

スマホでもPCでもTwitterエゴサーチの結果を通知

まとめ

このレシピを使いはじめて、まだ1日しかたっていませんので、もしかしたら改善した方が良い点があるかもしれません。

その時は、またブログにて紹介したいと思います。

皆さんも、もし「このレシピの方が簡単だろう!」なんて方がいましたら、コメントいただければ幸いです。

今回Pushbulletの活用法には、まだまだ無限の可能性があるのではないかと感じました。

しばらくPushbulletの裏技などについてリサーチしてみたいと思います。

スポンサードリンク

あなたのシェアが私をかえる↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新情報を受けとれます↓

スポンサードリンク

コメントをどうぞ