あなたのシェアが私をかえる↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

重いChromeを高速化させる方法!おすすめスマホブラウザをもっと快適にする裏技

重いChromeを高速化させる方法!おすすめスマホブラウザをもっと快適にする裏技

皆さんこんにちは。ネット依存症の敷島久之(@Hisayuki__S)です。

ところで皆さんは普段どんなブラウザを使っていますか?

私は何種類かブラウザを使っていますが、中でも軽くて使いやすいのがGoogleChromeです。

PC版のChromeはもちろんAndroidスマホでも使用しています。

拡張機能(プラグイン)も豊富でとっても使い勝手がいいですよね。

ただスマホのアプリ版はスペックや端末によっては、動作が重く遅いと感じることがあります。

とくに私のように古いスマホを使っている方はChromeアプリを開くたびにイライラがつのりますよね。

そこで今回はGoogleChromeを拡張機能なしで高速化する方法について解説していこうと思います。

Wi-Fi環境での高速化

設定はとっても簡単です。下の手順通りやれば誰でも高速化はできますがここで注意が必要です。この方法はChromeの「試験運用版」を有効にするため、予期せぬ問題が発生する可能性があります。

私の場合は今のところ、これといって問題は発生していませんが、スペックや端末によっては問題が発生する可能性がありますので自己責任でお願いします。それでは手順を説明します。今回はAndroidのChromeアプリで解説していきます。

1.Chromeを開いてください。

2.ChromeのURLバーに「chrome://flags」と入力。

GoogleChrome-Wi-Fi

3.すると試験運用版のページに飛ぶことができます。警告をよく読んで理解しましょう。

GoogleChrome-Wi-Fi[1]

4.下の方にスクロールしていき「対象領域の最大タイル数」の項目を探してください。

GoogleChrome-Wi-Fi[2]

5.「既定」をタップし「512」を選択。

GoogleChrome-Wi-Fi[3]

6.下の方に「今すぐ再起動」というボタンがあらわれますのでタップします。

GoogleChrome-Wi-Fi[4]

7.しばらく待つとChromeが再起動しますので高速化の設定は完了です。

※PC版のGoogleChromeでも「chrome://flags」とURLバーに入力すれば設定画面から同じように高速化できます。

LTE環境での高速化

LTE時にChromeを高速化する方法について説明します。あくまでもLTEが入る場所でないと意味はありません。こちらも設定はとっても簡単。

1.Chromeを開いてください。

2.Chromeのメニューから「設定」をタップ。

GoogleChrome-lte

3.設定画面を開いたら「データ使用量を節約」をタップ。

GoogleChrome-lte[1]

4.データ使用量を節約が「OFF」になっているので「ON」にすれば完了です。

GoogleChrome-lte[2]

まとめ

皆さんのChromeは早くなりましたか?

私は数ヶ月前からこの設定にしていますが、確かにYouTubeの動画を見ている時などに高速化を体感できるようになりました。

特にWi-Fiにつないだ時には、劇的に高速化を感じることができます。

ただ最初にも言いましたが、どちらの設定もGoogleによる注意画面が開き、「いかなる責任を負わない」旨の記載がされていますので、高速化設定は自己責任でおこないましょう。

スポンサードリンク

あなたのシェアが私をかえる↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新情報を受けとれます↓

スポンサードリンク

コメントをどうぞ