あなたのシェアが私をかえる↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FF8のあのカードゲームが神アプリになって帰ってくる!その前に「Triple Triad」のおさらいだ

FF8のあのカードゲームが神アプリになって帰ってくる!その前に「Triple Triad」のおさらいだ

熱狂的なFFファンの敷島久之(@Hisayuki__S)です。皆さん!FF8のミニゲーム「Triple Triad」(トリプルトライアド)を覚えているでしょうか?あの激面白いカードゲームのことです。

FF8は本編ももちろん面白かったですが、ゲームを進めるのを放置して、この「Triple Triad」ばかりやっていたって方も多いのではないでしょうか。

この「Triple Triad」については「AndroidアプリやiPhoneアプリで配信してくれ~!」という熱烈なコールがありましたがその夢が叶う時がやってきました。

そうです!このたびあの「Triple Triad」が「ファイナルファンタジーポータルアプリ」というFF情報を配信する無料アプリ内でプレイできることが決定しました。

ファイナルファンタジーポータルアプリ

そこで今回は、FF8「Triple Triad」配信決定を記念いたしまして、その歴史と遊び方を振り返ってみようと思います。最初に断っておきますが興味がない人にとっては、全く面白くない記事ですので注意してください。 

Triple Triad誕生の歴史

記事を書くために久々にFF8をひっぱり出してきてプレイしちゃいました。今回は「Triple Triad」のおさらいですので、さっそくFF8のゲームをスタートし、メニューからチュートリアルを開き、「Triple Triad」の詳しい歴史やルールを見てみましょう。

「Triple Triad」誕生の歴史はこんな感じです。

ff8カードゲームTripleTriad歴史

 FF8チュートリアルより

このカードゲームは、うらない用のカードを術師オーランがゲームとしてプレイできるようにまとめたのがルーツである。その後、なぜか戦いに参加した兵士の間で流行していった。始めの頃は、カードには悪魔風のイラストがあっただけだが、世界に広まるにつれ、カードの種類もふえ、最初はとなり合わせの数だけで勝敗を決めていたルールも、いろいろ変化していった。

とのことです。

ここで「オーランて誰?」と疑問に思った方のためにこちらがオーランです。本名はオーラン・デュライ。

ファイナルファンタジータクティクスに登場したキャラで「デュライ白書」なるものを執筆。最後は火刑に処されてしまった悲劇のキャラクター。

オーラン

Triple Triadのルールをおさらい!

「ファイナルファンタジーポータルアプリ」で過去のFF8のルールが適用されるかは不明ですが、あまりにもテンションがあがってしまったのでFF8での「Triple Triad」のルールを振り返ってみたいと思います。「Triple Triad」をプレイしたことのない人にとっては「なんのこっちゃ!」って感じですねw

数値と属性

カードの左上に数値がありますが、1がもっとも弱く数字が大きくなるほど強くなります。Aは数字で言うと10のことです。

右上には属性が表示されています。この属性は後ほど説明するエレメンタルと関係してきます。

ff8カードゲームTripleTriad数値と属性

バトルエリア

バトルエリアにカードを一枚づつ置いていきます。ルールによってはエレメンタル(属性)が表示してある場所があります。

ff8カードゲームTripleTriadバトルエリア

基本ルール

「Triple Triad」の基本ルールは対戦相手と交互にカードを置いていき、となり合ったカードの辺の数字が大きい方が小さい方のカードをひっくり返すことができます。バトルエリアには9枚のカードを交互に置いていきますが、9箇所全部がカードでうまった時にひっくり返したカードの数が多い方が勝ちとなります。

ff8カードゲームTripleTriad基本ルール

セイム 

セイムとは、となり合ったカードの数字が2辺以上で同じ場合に、相手のカードをひっくり返すことができます。うまくセイムを使えば有利にゲームを進めることができます。

ff8カードゲームTripleTriadセイム

プラス

プラスとは、となり合ったカードの数字の合計が2辺以上で同じ場合に、相手のカードをひっくり返すことができます。セイムと同じく「Triple Triad」では重要なテクニックとなります。

ff8カードゲームTripleTriadプラス

連鎖

連鎖とは、セイムやプラスによって、ひっくり返されたカードが、新しく置かれたカードのように、となりの数字より数が大きい場合に相手のカードをひっくり返すことができるテクニックです。連鎖は一発大逆転の大技になります。

ff8カードゲームTripleTriad連鎖

ウォールセイム

ウォールセイムとは、バトルエリアの外わく(ウォール)をカードの1辺として使う特殊ルールです。このときのウォールの数字はA、つまり10と見なされます。

ff8カードゲームTripleTriadウォールセイム

エレメンタル

エレメンタルとは、カードを置く場所の属性とカードの属性によって、カードの数値がプラス1されたりマイナス1されたりします。カードと場所の属性が同じ場合はプラス1されて強くなりますが、カードの属性と場所の属性が違う場合は逆にマイナス1されてしまいます。 

ff8カードゲームTripleTriadエレメンタル

特殊ルール

オープン

手札がすべて表を向いてスタートします。相手の手札が見えますが、逆に相手にも自分の手札が見えてしまいます。

ランダムハンド

自分の持っている手札がランダムに選ばれます。選ばれたカードで戦わなくてはいけないので組み合わせによってはレアカードなどの強いカードを失ってしまいます。

サドンデス

勝敗がつくまで戦うルール。

ff8カードゲームTripleTriad特殊ルール

トレード

トレードの基本はワンというルールで、決着がつくと勝った方が負けた方のカードを1枚選んで自分のカードにすることができます。

ff8カードゲームTripleTriadトレードルール

トレードの特殊ルール

ダイレクト

自分がひっくり返した相手カードは自分のものになりますが、逆にひっくり返されたカードは相手のものになってしまいます。

ディフ

勝った方が負けた方から、勝負の差の分だけのカード枚数をもらうことができます。ゲームの中で使用したカードの中から選択してもらうことができます。

フル

勝った方が負けた方のカードをすべてもらうことができます。つまり負ければ5枚すべて失います。

ff8カードゲームTripleTriadカード交換

まとめ

めっちゃ奥が深いカードゲーム!それが「Triple Triad」です。FF8を昔プレイした方はルールを思い出せましたか?まったくプレイをしたことがない人でも実際にやれば、意外とすんなりとルールが理解できると思います。

本当に「ファイナルファンタジーポータルアプリ」が待ち遠しいですね。でもこの「Triple Triad」、レアカードや強いカードを相手に奪われた時の、あの絶望感は半端ないので注意してください。それほど中毒性があるゲームです。

この「ファイナルファンタジーポータルアプリ」の他に、今冬には「ファイナルファンタジー レジェンズ 時空ノ水晶」と「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」のAndroidアプリとiPhoneアプリがリリースされる予定ですが、個人的には「ファイナルファンタジーポータルアプリ」の「Triple Triad」が一番の盛り上がりを見せるのではと期待しています。

今年の冬は眠れない夜が続きそうですね。

※ファイナルファンタジーポータルアプリ内の「Triple Triad」については以上のルールが適用されるかは不明です。正式にルール等が判明した場合は当ブログにて紹介したいとおもいます。

スポンサードリンク

あなたのシェアが私をかえる↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新情報を受けとれます↓

スポンサードリンク

コメントをどうぞ